千葉の葬儀で押さえておくべきポイント

千葉の葬儀を行う場合、付き合いがどの程度あるか、社会的な立場はどうか、そういったポイントで葬儀の規模を決めてきます。

来客が100名以上である場合は100万円以上の費用が必要になりますので、その分費用も必要になります。

大規模な葬儀では会食や移動費用など喪主が負担する費用も多く、もてなしや挨拶も必要になりますので心身ともに負担が大きくなります。

世代で事業を継ぐなどである場合、大規模な葬儀は必須であり、付き合いを継続していく為に必要な行事でもありました。

ですが現代では故人事業者も減少し、会社員が増加してきており、少ない費用で葬儀を行いたい人が増えて来ています。

故人が悲しまない為に大規模な葬儀や質のいい品を使う、そういった考え方もありますが、葬儀は主に残された人の為に行うものです。

喪主が葬儀費用を考えますし、線香をあげる機会は葬儀だけではありません。

家族の負担を考え葬儀を質素なものにしたい、そう願う場合もありますし、葬儀は小さな家族葬で十分という需要も多いのです。

その為、昔ながらの大規模な葬儀ではなく、家族葬なども増加傾向にあります。

これは日本人の宗教観の変化も影響の他、景気の悪い時代が長いことも要因の1つとしてあります。

葬儀費用の100万円200万円、これを当たり前として考える事が難しい時代になってきたのです。

千葉でも家族葬が増え大規模な葬儀以外にも選択の幅が広がるようになってきています。

葬儀は残された人達に合わせて行うべきなのです。

この記事は千葉での葬儀の意義に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。